薬剤師の転職で確認しておく事

今の職場を離れるからにはどんな求人を探せばいいかを考えてみる事

薬剤師 転職保険調剤薬局イトーヤク

今の職場を離れるからにはどんな求人を探せばいいかを考えてみる事 / 働く場所によってかなり仕事内容が変わってきます / 1人に対しての広さを確認しておかなくてはならない

薬剤師という立派な資格がある場合には、転職もしやすくなりますので、すぐに転職先を見つける事は出来るでしょう。
資格を生かして働くからこそ、今までの経験を生かしていく事が出来る為、今の職場を離れるからには、どんな求人を探せばいいかを考えてみる事です。
新しく働く場所を見つける時には、出来るだけ大きな病院で名が通っている所の方がいいのではないかと考えるものです。
しかしいくら名前の通った有名な病院だったとしても、自分の能力以上の仕事を求められる所に転職をしても役に立ちことが出来ません。
あまりにも高いスキルを求められるとなれば、自分の力のなさが露呈することになり挫折を感じてしまうことになります。
そうならない為には名前ばかりで選ばないようにし、能力にあった病院を選んだ方が働くのが嫌になりません。
転職を失敗しない為に他にも気をつけなくてはならないのは、今までと違う仕事がしたいからと言って、仕事内容をよく確認しない状態で決めない事です。
例えばドラッグストアなどで働く場合には、薬剤師の仕事とはかけ離れた内容の仕事をする事になるかもしれません。
在庫管理や品出しなどの仕事ばかりを与えられる事になる場合もありますので、本来自分が行いたい内容の仕事をする事が出来なくなる事もあります。

私が面接官なら

「〇〇を頑張り、△△の結果を出しました」



印象に全く残らない

こちらがまた質問を促して考えてしまう

薬学生や転職を考えている薬剤師は一手二手先を読んで伝えたい。


オリジナルの体験と絡めてストーリーを話すと興味が湧く! https://t.co/TQuswQul1K

— キクオ@薬剤師ブロガー (@kikuo1005) 2018年9月16日